【ちょっと待った!】期間工になる前に見ておくべき面接のあれこれ

投稿日:

 

期間工に応募するときの志望動機の書き方

短期間でガッツリ稼ぎたいけれど、そんな仕事って本当にあるの?と思ったことはありませんか?コンビニのバイトだけでは絶対に稼げないようなお金を稼げる仕事があります。それが期間工です。

 

期間工というのは定められた期間、自動車メーカーの工場などで勤務する仕事を指します。期間工なら1カ月で30万円以上を稼ぐことも決して夢ではありません。でも期間工になるには履歴書や面接をクリアする必要があります。

 

履歴書は採用されるために必要な重要書類ですが、履歴書の書き方一つで採用されるかどうかが変わってきます。ガッツリ稼ぐという希望を叶えるためにも履歴書の書き方は押さえてきたいものです。

 

期間工の履歴書の書き方でも特に力を入れたいのが志望動機です。志望動機は採用可否を左右するといわれるほど、重要なポイントになります。面接で面接官がまずチェックするのが志望動機なので、採用される志望動機の書き方をマスターしておきましょう。

 

採用される志望動機とはどんな書き方なのでしょうか。ポイントは面接官の目に留まりやすい情報をアピールすることです。日本人はとかく自分をアピールするのが苦手な国民だと言われています。志望動機を書く際には、とにかく自分自身をアピールして、期間工として自分が働くと貴社にこんなにたくさんのメリットがありますよ、という姿勢を示すことが大事です。

 

具体的な書き方としては次のようなものがあります。

 

1.体力的に十分な自信がある

期間工は肉体労働なので、採用側も体力がある人を優先的に採用したいと考えています。学生時代柔道部だった、ラグビーをしていた、といったことも体力に自信があることをアピールできるポイントです。

 

2.細かい作業が得意

期間工は自動車の組み立てに関わる仕事なので、細かい作業になれている人を採用したいと考えます。手が器用な人は特に採用される可能性が高いです。モノづくりをしてきた経験などがあれば、その点をアピールして採用者の気持ちをこちらに傾けるようにしましょう。

 

ポイントが上がる履歴書の書き方

期間工の採用を確実にゲットするために大切なのは完璧な履歴書を準備することです。履歴書は応募者の人となりを把握するのに必要な書類で、採用担当者は履歴書に目を通した段階で、採用の可否を決めることがあるほど、人生を左右する書類の一つと言えます。

 

履歴書なんて適当に書けば大丈夫と思っている人もいますが、そんなことは絶対にありません。ポイントが上がる履歴書の書き方をマスターしておきましょう。

 

1.履歴書は手書き(楷書で)

履歴書をパソコンで作成する人が最近増加していますが、これは絶対にNGです。企業の採用担当者に対する聞き取り調査によれば、印字された履歴書を見た時点で、この人はうちの会社には向いていないと判断する場合があるようです。楷書で丁寧に記入された履歴書は応募者がその会社に対して強い関心を抱いていることをアピールするものとなるので、必ず手書き(楷書)で書きましょう。

 

2.学歴や職歴は嘘偽りなく

学歴や職歴を記入する項目がありますが、この欄を記入する際には正しい情報を記入します。卒業年度を間違えないようにし、実際の経歴と記入内容に差異が無いように気を付けてください。もし卒業年度がわからない場合には、ネットなどで提供されている早見表などを活用して作成してください。

 

3.資格欄

期間工の場合、特定の資格が採用の可否を決めるということはそれほどありません。しいて言えばフォークリフトの運転ができるなどの資格があると優遇される可能性がありますが、基本的に作業のほとんどはロボットが行いますし、フォークリフトが運転できなくてもできる仕事はたくさんあります。資格欄にはこれまで取得してきた資格を分かりやすく項目別に記入すればよいでしょう。

 

4.証明写真

顔写真を添付する場合、服装にも注意しましょう。可能であればスーツを着用したもの、もしくはワイシャツを着ている写真が向いています。期間工なのにかしこまった格好が必要なの?と思うかもしれませんが、これは意外に採用担当者の目に留まるポイントなので、気を付けてください。

 

面接で志望動機をどう答えればよい?

期間工の採用の可否を握るのが面接です。面接は緊張する場面ですが、事前に質問を予想しておけば、当日それほど緊張しなくても面接に向き合えます。面接で注意したいのが志望動機です。履歴書の志望動機欄にすでに記入済みではありますが、面接時には面接官から詳しい志望動機を尋ねられます。

 

志望動機を答える際、マニュアル通りの答え方はあまり良くありません。面接官は既に大勢の希望者との面接をしてきた面接のプロですから、答え方がマニュアル通りなのかどうかも一発で見抜いてしまいます。ポイントは自然に答えることです。いくつかの答え方があるので、それを頭の中に入れておくようにします。できれば声に出して練習しておきましょう。

 

1.気持ちを素直に表現する

待遇が良いので、という答え方はあまりよくないのではと思われがちですが、期間工の募集企業側は待遇をよくすることでより良い人材を確保したいと考えています。ですから、待遇面に魅力を感じたという答え方は、ストレートでありながら面接官の心をつかみやすいです。素直に「貴社の給料がとても良いのでそこに魅力を感じました。」と答えても大丈夫です。

 

2.体力に自信があることをアピール

「学生時代サッカー部に所属していて、体を動かすことが好きでした。貴社の業務内容は体を動かすのにぴったりな環境だと感じ、応募しました。」この答え方のポイントは体力面での自信がどれくらいあるかをアピールしていますので、面接官の注意を惹きやすいと言えるでしょう。面接官は体力が持つ人材を確保したいと考えていますので、このような答え方が向いています。

 

3.福利厚生面への魅力を語る

「貴社の福利厚生が自分の希望するものにふさわしいと思ったので応募しました。」このような志望動機も共感を得ます。企業にとって社員への福祉は特に力を入れているポイントです。福利厚生に魅力を感じた、という答え方は面接官の心をつかみやすいと言えるでしょう。

Copyright© 俺たち期間工!2018年おすすめの期間工を徹底比較するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.