期間工になるなら読んでおきたい!寮生活はどうなるの?

投稿日:

 

期間工の寮はどんなタイプがあるの?

期間工を目指している人にとって気になるのが、住むことになる寮だと思います。基本的に自動車メーカーは期間工に対して寮を提供しますが、いったいどんな寮なのか、住み心地はどうなのか、どんな設備があるのかといったことが気になることでしょう。まずはどんな寮に住むことになるのか、寮のタイプを知っておくことが大切です。

 

期間工向けに提供される利用は1ルームタイプものが中心です。企業が所有する社員寮を期間工向けに提供していることもありますし、ワンルームアパートやマンションを借り上げて、期間工向けの寮として提供することもあります。どのような寮に住めるか、自分で決めることはできません。あくまで企業側が提供するものですから、寮が決まったらあとはそこに住む以外に方法がありません。

 

期間工向けの寮は基本的に独身者向けのタイプ(一人用)です。社員寮として提供される寮は鉄筋コンクリート製で、靴を玄関で脱いで入るタイプが多いです。玄関には靴箱が置かれているので、そこでスリッパに履き替えて自分の部屋に入ります。間取りは洋室、和室がありますが、どのタイプになるかは決まるまで分かりません。洋室の場合、フローリングもしくはフローリングタイプのクッションフロアが主流です。古い寮だとカーペットタイプもあります。和室は畳です。

 

中には新築の専用寮が割り当てられることもあります。この点は後述しますが、一般的なワンルームタイプのアパートやマンションと同じで快適な生活が楽しめます。古い寮でも改装が実施されているところもあるので、そのような建物は外観が古くても内装は新しく快適です。

 

借り上げ型の寮は企業所有の寮と比較するときれいな場合が多いです。木造もしくは鉄筋コンクリートです。木造の場合は2階建て、鉄筋コンクリートタイプだと3階、4階建てでエレベーター付きのものもあります。軽量鉄骨造りのものもあります。鉄筋コンクリートタイプは冬温かく暖房費が節約できます。

 

寮の備品について知ろう

期間工が住むことになる寮にはどのような設備があるのでしょうか。自分で用意しなくてはいけないものがあるのかどうかを含め、前もって知っておけば助かることでしょう。期間工向けの寮は、採用期間中の生活に不自由しないようある程度の設備が整っています。家電製品、家具等がそれに当たります。個人で使用できるものと、共同で使用できるものとに分かれています。共同で利用するものについては後述します。

 

1.家具

期間工向けの家具は生活するのに必要なものが備え付けられています。例えばクローゼットもしくは収納タンスが用意されています。ワンルームタイプの寮はビルトインタイプのクローゼットがあるので、部屋を広く使えるという利点があります。古いタイプの寮もしくは和室の場合は洋服ダンスが設置されている場合が多いです。衣服はそこにしまっておけるようになっています。ハンガーも数本用意されていることもありますが、さらに必要な場合は自分で購入しておきましょう。

 

2.寝具

期間工向けの寮のうち、洋式タイプの寮はベッドが設置されています。マットレスは設置されていますが、カバーや毛布、タオルケット、掛布団は自分で用意する場合が多いです。持参する必要があるかについては、採用通知とともに詳細が知らされますので、その時点で用意しておくとよいでしょう。和室の場合、掛布団が用意されていることもありますが、ケースバイケースです。少なくともシーツと枕、掛布団や毛布などは持参することになるかもしれません。

 

3.冷蔵庫

冷蔵庫はワンドアタイプの小さいものが多いです。冷凍庫が小さいので冷凍食品や氷を補完しておくには不向きかもしれません。寮に食堂がない場合にはツードアタイプの冷蔵庫が設置されていることもあります。どちらの場合もそれほど大きいわけではないので、必要なものだけを冷蔵もしくは冷凍しておくということになると思います。

 

4.テレビ

テレビは基本的に備え付けです。最近では液晶テレビの寮が多くなりましたが、寮によっては地デジチューナー付きのブラウン管テレビがまだ設置されているところもあるようです。そのような寮もいずれは液晶テレビに置き換えられるでしょう。ちなみに地上波のみ受信できるというところが中心で、衛星などは別途契約することで見られる場合もあります。

 

5.湯沸かしポット

これは寮によって違いますが、保温できるタイプのものもあれば、その都度沸騰させるケトルタイプのものもあります。寮は入れ替わりいろいろな人が使用する関係で、使用感があるものが多く、持参するという人も多いです。

 

6.清掃用具

掃除機などは各部屋への備え付けはありません。もし必要であれば、スティック型の掃除機などを自分で用意することになります。ほうきや塵取り、バケツなどは寮に備えられていることがあります。

 

共同で利用するものはどんなものがあるの?

共同で利用する設備にはどのようなものがあるのでしょうか。借り上げ型以外の寮の場合を取り上げたいと思います。

 

1.風呂

共同で使用する大浴場が設置されていることが多いです。入浴のマナーをよく守って利用するようにしてください。

 

2.洗濯機

洗濯機と乾燥機が複数設置されています。寮内の期間工同士でホワイトボードなどに利用時間をあらかじめ記入して交代で利用するなどの取決めがあるところが多いです。

 

3.キッチン

共同で使用するキッチンがある場合もあります。食堂がある寮ではなく、各自自炊するタイプの寮に多く見られます。

 

寮での食事についても知りたい

期間工向けの寮には食堂が設置されているところがあります。食堂では割安な値段で購入できるメニューがあります。寮によって異なりますが、給料から天引きで利用できるところが多いです。現金を持ち歩かなくても良いというメリットもあります。

 

期間工向けにボリューミーな食事が中心です。とんかつや焼き肉、カレーライスなどの食事もあります。日替わり定食が提供されている食堂では、毎日食事のメニューが入れ替わります。ご飯やお味噌汁はお代わり自由な場合が多いです。お腹いっぱい食事をとって一生懸命仕事ができるようになっています。

Copyright© 俺たち期間工!2018年おすすめの期間工を徹底比較するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.